トップページへ戻る

10月12日(水) 性教育講演会がありました。

「性」に関する正しい知識の習得と命の大切さを学ぶために、性教育講演会を実施しました。
講師として地域医療支援病院 岩国市医療センター医師会病院 副院長・総合リハビリテーションセンター長・療育センター長の茶川治樹様にお越しいただきました。

講演のタイトルは、「『いのち』と『性』について、みんなで話そう」でした。
タイトル通り、講演は先生の講話だけでなく、生徒や教師の意見も取り入れながら行われました。
講演の合間には、保健委員の生徒が性病に関して調査してきたことをパワーポイントを用いて発表する場面もありました。

会場全体が茶川先生の話に終始引きこまれていました。
普段なかなか話題に出すことができない性に関する知識の習得や悩みの解消につながったのではないでしょうか。
最後の『人は「価値がるから生きる」のではなく、「生きることに価値がある」のです』という言葉は、心に響きました。

茶川様、本日はご多用の中ご講演いただき、ありがとうございました。
 

                                       Copyright © 2004 MISUZU-GA-OKA HIGH SCHOOL All Rights Reserved.