トップページへ戻る

11月14日(月) 本校の授業の様子を紹介します(その3)。

本校では11月1日からの1か月間を授業観察月間として設定しています。
これは教員の授業力向上を目的としており、他の教員の授業を観察したり、校内研究授業を実施したりしています。
これを機会として、本校生徒が行っている授業をいくつか紹介していこうと思います。


2年生の数学の授業です。
授業で習ってきたベクトルについて、さらに理解を深めるため模擬試験の問題演習に取り組んでいました。AL(アクティブ・ラーニング)教室でパワーポイントと電子黒板を活用した授業でした。「難しい問題ではあるが、分析していくと基礎的な内容の積み重ねである」という教員の言葉と要所でヒントを得ることで、生徒は着実に解き進めていきました。積極的な発言と各地で行われるペアワークから、クラス全体で理解しようという雰囲気が伝わってきました。


3年生の体育の授業です。
バレーボールを教材として、コート準備、準備体操、基礎練習、グループ対抗戦、ミーティング、コート片づけまでをすべて生徒主体で行っていました。基礎練習では、チームの弱点を補うため、目的意識を持ってサーブやレシーブに取り組んでいました。前向きな声掛けを皆が行うことで、苦手としている生徒も上達を目指して頑張っていました。楽しみながらも、ブザーが鳴った後に次の行動へスムーズに移っていく姿が、さすが3年生だと思いました。

                                       Copyright © 2004 MISUZU-GA-OKA HIGH SCHOOL All Rights Reserved.