トップページへ戻る

1月29日(月) 研究実践発表会を実施しました。

平成29年度 広島市立高等学校学力向上推進事業研究指定校 広島市立美鈴が丘高等学校 研究実践発表会を行いました。
今年度の研究テーマである『主体的・協働的な学びの推進』について、この1年間取り組んできたことを発表しました。
本校教職員に加えて、他校の先生方にも参加していただきました。

当日は7限目の授業を公開しました。
どの授業においても、はじめに生徒が本時の学習目標を確認し、何をどこまで学ぶのか、何が課題なのかを全員で共有しました。
次に、課題解決に向けて個人の思考を経てから、ペアワークやグループワークなど生徒が主体的、協働的に活動する場面を設定しました。
授業の終わりには生徒が自らの学びを振り返ることで、成果と今後の課題を確認しました。

公開授業の後は、本校職員による基調報告を行いました。
今年度の取り組みの成果と課題を全教職員で共有しました。
また、『現時点における学校が抱える課題とその具体的な解決策』をテーマにグループ協議を行い、意見を交わしました。
 
目標(めあて)の設定と可視化
     
課題解決に向けた取り組み
     
振り返りの実施
     
研究報告会  
     
グループ協議(現時点で学校が抱えている課題の発見とその解決策の模索)
     
ご多用中にも関わらず、他校より本発表会に参加してくださった先生方、貴重なご意見をありがとうございました。
本校教職員一同、今年度の取り組みの成果と課題をもとに、次年度もさらに研究と実践を重ねていきます。
今後ともご指導よろしくお願いします。   

Copyright © 2004 MISUZU-GA-OKA HIGH SCHOOL All Rights Reserved.