このたびは広島市立美鈴が丘高等学校のホームページにアクセスいただきありがとうございます。

 本校は昭和63年に広島市立としては最も新しい高等学校として、この緑豊かな美鈴が丘団地に、設立されました。

校訓であります「進取・友愛・節度」のもと、生徒達は文武両道を目指して、勉学にもクラブ活動にも一生懸命励んでおります。

 学校経営目標では、生徒の「希望する進路の実現」を最重点として取り組んでおります。私共教職員も、生徒同士切磋琢磨し、社会人としての基礎基本をしっかりと身につけ、希望する進路へと旅立っていけるようサポートしていきたいと考えております。

 「自分はこの社会でどう生きていくべきか。」という問いを常に突き付けられているように感じる現代社会において、高校生は自ら進むべき道を真摯に考え、生きる力の基礎となる学力と、目標に向かっていく強い意志を身につけることを求められています。そのため本校では、きめ細かな教科指導はもちろん、早い段階から進路ガイダンス、大学訪問、大学模擬授業など、進路指導に関する取り組みを実施しております。また、クラブ活動においても、精神力の涵養を目指して厳しい指導を行い、数多くのクラブが全国大会に出場するだけの結果を残しています。

 美鈴が丘高校で、大きく成長し、社会へ旅立っていけるよう、今後も保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご協力をいただきながら本校教育を進めて行きたいと考えております。よろしくお願いいたします。

                                                 美鈴が丘高等学校校長   小林 俊文

 
 
 

美鈴が丘高校の特色

 ◎ 教育課程

 理科型では、国際理数コースで培った、「課題研究」のノウハウを生かし、2年次に「理科課題研究」を導入し、興味深い内容をより深めて学習できるように工夫しています。また、文科型では3年次において国公立大学を志望する文Tコース、私立大学等を志望する文Uコースを設けています。

 


 ◎ 少人数授業の展開

 英語、数学、国語の授業を中心として、全学年で少人数授業を展開し、きめ細かい学習指導を行っています。


 

 ◎ 朝の読書

  豊かな感性を身につけるため。毎朝10分間静かに読書をしています。

  落ち着いた雰囲気のまま1時間目の授業が始まります。


 

 ◎充実した進路指導

  月に1度の進路LHRで進路意識を高め、毎日の授業や補習・補充授業で学力をつけ、12年生の間に大学の先生方の話を聞く機会や進路ガイダンスで将来のことを身近に感じさせます。

 

 ◎活発なクラブ活動

  本校は文化系も体育系もクラブ活動が活発です。毎年多くのクラブが全国大会出場を決めています。実技のみならず人間教育の面でも厳しい指導が行われます。

Copyright © 2004 MISUZU-GA-OKA HIGH SCHOOL All Rights Reserved.