国際理数コース トップページへ戻る


3年生 国際理数コース 課題研究発表

9月8日(火)、3年生 国際理数コースの課題研究発表が行われました。
これまで実験・研究してきたことを、各グループが発表しました。

どの発表も完成度の高い内容で、見学していた1,2年生の生徒(国際理数コース)からも
感嘆の声が上がっていました。

科目 研究テーマ
物理 ピンホールカメラの研究
ジェットコースターで人にかかる遠心力について          
コマの歳差について
化学 アルミニウム缶からコランダムを合成する
硝酸と不動態に関する研究
電気泳動による魚類の分類
生物 クマムシの研究
アントシアニンの研究
プラナリアの再生に関する研究
地学 校内の紫外線の強さと照度の関係
CO2は温暖化に関係があるか
For Better Communication
英語 フェアトレードについて
洋書と洋画における英語表現の違い
数学 センター試験問題について
アミダクジについて
無理数の近似値

今年度は、研究内容を要約した冊子が配布されました。
リンクをクリックすると、PDF形式で閲覧できます。          『課題研究発表会 予稿集』


英語分野の発表です。
 
 

このグループは英語と日本語の擬音語・擬態語について
発表しました。
 

 
 
 

鋭い質問にも、的確に答えていました。
 
 

コマの歳差について研究したグループ。
写真はありませんが、いろいろな道具を使って説明され、
大変分かりやすい内容でした。

 
 
 

 
 
 

『遠心力』を追求したグループ。
ジェットコースター、「アルプスの少女ハイジ」のブランコなど
かなりユニークな研究内容でした。

                                                             Copyright © 2004 MISUZU-GA-OKA HIGH SCHOOL All Rights Reserved.