トップページへ戻る

国際理数コース サイエンスパートナーシッププロジェクト(SPP) 第二回講座

2009年11月16日(月)

6月実施の第一回講座に引き続き、広島大学大学院教育研究科教授の 林 武広先生を講師としてお招きし、
第二回講座をしていただきました。

当日はあいにくの天気で、グランドでの天体観測はできませんでした。
インターネット回線経由で広島大学教育学部屋上にある50cm反射望遠鏡からの画像をたくさん見させていただくことになっていただけに、大変残念でした。
(わずかな雲の切れ間から、アルビレオを観測することができたのは幸いでした!)

広島大学が保有されている惑星の画像データや、国立天文台の四次元デジタル宇宙ビューワー『Mitaka』による解説は
とても関心深い内容で、知的好奇心を揺さぶれるものでした。
 

 
 

 
 

 
 

実物の隕石を観察中です。 
 

立体視できるメガネで "Mitaka"を見ます。
惑星などの画像が立体的に見えました。 

事前に撮影された木星の画像です。 
  

当日使用予定だった21cm反射望遠鏡の説明 
 

 
 

 
 

 
 

自分が不思議に思うことを質問する生徒 
 

林先生はそれらの質問に 丁寧に分かりやすく答えて
くださいました。 


                                                             Copyright © 2004 MISUZU-GA-OKA HIGH SCHOOL All Rights Reserved.